文鉄・お札とコインの資料館

本文へジャンプします

資料館について





●資料館概要


名称 :
文鉄・お札とコインの資料館
※2014年7月5日「お札とコインの資料館」より名称変更
英語名称 :
Buntetsu Museum of Bank notes and Coins.
※2014年7月5日「Museum of Bank notes and Coins.」より名称変更
コンセプト :
いつの時代の紙幣や貨幣でも、その時代背景とともに生きてきた人々を映しています。文鉄・お札とコインの資料館は、これからも「ふしぎ、だいすき。」をキャッチコピーにお金にまつわる好奇心を育む場所、1枚の紙幣や貨幣に込められた"思いを伝える資料館"として、ただ調べ物をするだけの場所ではなく、貨幣学への入り口としてあり続けたいと考えています。
製作者 :
収集開始 :
2004年6月
開設日 :
2005年04月04日
※鉄道趣味サイトBuntetsu Onlineとしては2001年10月07日開設(2007年10月17日に運営終了)。
資料数 :
132国と地域、918(2017年08月06日現在)
※すでに消滅した国や地域、日本統治時代の朝鮮や台湾各種金券等を含む。
収集対象 :
日本国および各諸外国の紙幣・貨幣
※ただし日常の取引で行使される通常紙幣および貨幣を主たるものとし、記念紙幣および貨幣や、それらにおける高額銀貨や金貨および額面以上で販売されるものは主な収集対象とはしておりません。
SNS :

●シンボルマークについて



文鉄・お札とコインの資料館の空色のシンボルマークは、日本の和同開珎から始まる*貨幣が歴史というレールと共に歩んできたシーンを表現しています。あえて貨幣を特定しないことにより、様々な貨幣を想像していただけるようなマークを表現しています(2014年9月17日制定)。
アイコンアーカイブ
資料館ロゴの使用ガイドライン
※日本のいわゆる穴銭の始まりについては諸説あります。


文鉄の橙色のシンボルマークは、文鉄の英語表記Buntetsu RailwayのBとRを表現しています。また、大小の二つの三角は親子で、続いていく生命を表現しています(2002年5月制定)。

●資料の寄贈及び運営支援金、広告掲載について


資料の寄贈及び運営支援金についてはこちらを、広告掲載についてはこちらをご覧ください。

●著作権について


文鉄・お札とコインの資料館(以下:当ウェブサイト)を構成するものは、日本国の著作権法及び国際条約により保護されています。点訳や個人の使用範囲を超えての転載は著作権法より禁じられています。当ウェブサイトで使用している画像や写真には電子透かしを埋め込んでいます。当ウェブサイトの文章や構成する画像などの引用は、法で認められた範囲内において出所を明らかにすることによりできます。一部構成物において、他者の著作物があることがあります。その場合はその他の著作者の許諾を得る必要もあります。また、書籍やテレビなどで引用する際はこちらのフォームよりご連絡ください。

●リンクについて


当ウェブサイトへのリンクはご自由に行っていただけますが、原則リンク先は「https://www.buntetsu.net/mbc/」にてお願いいたします。個別のページにリンクされる場合は、外部のサイトに移動するもしくは移動していることが利用者ーに明確なように設置ください。相互リンク等をご希望の場合はこちらのフォームよりご連絡ください。

●現在有効な紙幣画像、貨幣画像の印刷などについての注意


当ウェブサイトに掲載している現在有効の紙幣や貨幣の写真は、画面上で閲覧するために用意しているものであり、「見本」という文字を配したり、トリミングなどの画像処理を行い画像品質を閲覧に支障ないレベルに落としています。

紙幣や貨幣、各種有価証券の偽造や変造及びそれらの行使は日本国法においては最高で無期懲役となる重大な犯罪です。現在有効な紙幣や貨幣、各種有価証券に関して印刷を行うと日本国および居住国の法律などにより行使する意図がなくても罰せられることもありますので印刷物はみだりに取り扱わらず、十分にご注意ください。

●免責事項

  • 当ウェブサイトに掲載している情報について製作者は、情報の正確性に十分の注意を払っていますが、利用者が当ウェブサイトの情報を用いて行う一切の行為について、一切の負いません。
  • 当ウェブサイトの製作者は、利用者が当ウェブサイトを利用したことにより発生した損害、また、それが第三者に及んだ場合でも一切の責任を負いません。
  • 利用者に適用される国の法律、地域の条例などに照らし、当ウェブサイトの利用が合法であることを保証しません。
  • 当ウェブサイトからリンクされるbuntetsu.netドメイン以外の外部サイトについては、一切の責任を負いません。
  • 当ウェブサイトは事前の予告なく運営を終了することがあります。

●ユニバーサルデザインの取り組み


当ウェブサイトはユニバーサルデザインの7大原則に基づき、ウェブサイトの開発、設計を行っています。日本語とは異なる環境からアクセスされた場合に自動的に翻訳リンクを表示したり、色によっての区別を利用しないインターフェイスや、数多くのシェル案を立案し、必要なアイコンは直感的にすぐにわかるように設計しています。閲覧に集中でき、身体の障碍にも左右されないようなウェブサイトをこれからも制作しています。サポートされているブラウザでアクセスされている場合は、ユニバーサルフォントで文字が表示されます。

より多くの人へ適切に情報を伝えられるよう配慮したユニバーサルデザインフォントを採用しています。空間に余裕のある文字で視認性・可読性に優れており、誤読を防ぐシンプルな形状で読みやすさと高いデザイン性を備えています。見えにくい条件下での検証を繰り返すことで、視力や環境に左右されることなく幅広い年齢の方にとって認識しやすいよう設計されています。

●過去の更新履歴


2016年更新履歴

●アクセス数統計


アクセス数統計

●参考文献


参考文献(資料館蔵書一覧)

●メディア遍歴


キュレーションサイトや個人発信のSNSを除く、製作者が把握しているメディアに「文鉄・お札とコインの資料館」や製作者名が掲載された遍歴です。
2015年6月1日
日本テレビ「ZIP!」
2015年11月28日
Yahoo!ニュース
2016年6月1日
テレビ朝日「くりぃむクイズ ミラクル9」
2016年6月30日
Livedoor ニュース
2017年3月2日
テレビ西日本「ももち浜ストア」
2017年5月27日
テレビ朝日「chouchou(シュシュ)」
2017年6月28日
テレビ朝日「クイズサバイバー」
2017年7月26日
テレビ朝日「くりぃむクイズ ミラクル9」
2017年11月(予定)
小学館「キッズペディア 世界の国ぐに」

凡例
:テレビ | :インターネット | :書籍(電子書籍含む)


●謝辞


当ウェブサイトで公開している紙幣や貨幣は、製作者が収集したものだけではなく、様々な方から貸与や譲渡いただいた紙幣や貨幣があります。この場にて、これらのご支援をいただいた方々へ感謝いたしたします。
あおまる さま - 海外紙幣および貨幣
sync_sync さま - 海外紙幣
chikin さま - 海外貨幣
佐竹 浩至 さま - 海外紙幣
韓 さま - 海外紙幣
初音 ねぎ さま - 日本の記念貨幣
Kouhei S. さま - 海外貨幣
Lim L. さま - 海外紙幣および貨幣
北斗七星 さま - 海外紙幣
Rahman さま - 海外紙幣
國吉 良輔 さま - 海外紙幣
都市商業研究所 さま - コラム
よりぴよ➜➜➜ さま - 海外紙幣
ぬこじた さま - 日本の紙幣
ゆうなんとか さま - 海外貨幣
トウマ さま - 海外紙幣
藤宮 めぐる さま - 海外紙幣
ゐっつー さま - コラム
Och さま - 海外紙幣
Ryo Togashi さま - 海外紙幣




© 2001-2017 Wada Akina. All rights reserved.