文鉄・お札とコインの資料館

本文へジャンプします

20銭銀貨


金本位制の時に補助貨幣として発行されました。同時期の貨幣には1厘銅貨半銭銅貨1銭銅貨2銭銅貨5銭銀貨10銭銀貨50銭銀貨などがあります。しかしながら第一次世界大戦中の銀の高騰により大正20銭政府紙幣が発行され、その政府紙幣の発行が大正8年(1919年)に終了すると、その後20銭という単位の貨幣および紙幣が発行される事はありませんでした。

基本データ

(旭日竜20銭銀貨)
発行
1870/--/--〜1871/--/--
大きさ
24 mm
刻み
あり
重さ
5.00g
素材
銀 80% 銅 20%
発行有無
発行終了
有無効
無効
表図柄
裏図柄
旭日
おもて


うら


基本データ

(竜20銭銀貨)
発行
1873/--/--〜1905/--/--
大きさ
22.42 mm
刻み
あり
重さ
5.39g
素材
銀 80% 銅 20%
発行有無
発行終了
有無効
無効
表図柄
裏図柄
「二十銭」
1897年から表うらの呼称を相互に変更
おもて


うら


基本データ

(旭日20銭銀貨)
発行
1906/--/--〜1911/--/--
大きさ
20.3 mm
刻み
あり
重さ
4.05g
素材
銀 80% 銅 20%
発行有無
発行終了
有無効
無効
表図柄
「二十銭」
裏図柄
旭日
おもて


うら



© 2001-2018 Wada Akina. All rights reserved.