文鉄・お札とコインの資料館

本文へジャンプします

5銭銀貨


金本位制の時に補助貨幣として発行されました。しかしながら銀の重量が貨幣価値ゆえ、非常に小さいもの(同時期の10銭銀貨は重量が5銭銀貨の倍の2.50g)となり2銭銅貨同様流通不便貨幣となり、明治13年を持って銀貨としての5銭貨幣は製造を打ち切られました。同時期の貨幣には1厘銅貨半銭銅貨1銭銅貨2銭銅貨10銭銀貨20銭銀貨50銭銀貨などがあります。その後、直径が20.60mm(ほぼ現行の1円アルミニウム貨同等)の5銭白銅貨が造幣されます。

基本データ

(旭日竜5銭銀貨)

発行
1870/--/--〜1871/--/--
大きさ
16.15 mm
刻み
あり
ただし1870年造幣の一部に刻みなしがあり。
重さ
1.25g
素材
銀 80% 銅20%
発行有無
発行終了
有無効
無効
表図柄
裏図柄
旭日
おもて


うら


基本データ

(旭日大字5銭銀貨)
発行
1871/のみ
大きさ
16.15 mm
刻み
なし
重さ
1.25g
素材
銀 80% 銅20%
発行有無
発行終了
有無効
無効
表図柄
五銭
裏図柄
旭日
おもて


うら


基本データ

(竜5銭銀貨)
発行
1873/--/--〜1880/--/--
大きさ
15.15 mm
刻み
なし
重さ
1.35g
素材
銀 80% 銅20%
発行有無
発行終了
有無効
無効
表図柄
裏図柄
五銭
おもて


うら


現行1円アルミニウム貨とのサイズ比較



© 2001-2018 Wada Akina. All rights reserved.