文鉄・お札とコインの資料館

本文へジャンプします

1銭青銅貨


日本初の青銅貨です。稲1銭青銅貨は稲5銭白銅貨と同時期に制定され、図柄も同様のものとなっています。その後大正に入り、この稲1銭青銅貨が大型で流通しづらいものであったため、桐1銭青銅貨に改正されます。この青銅貨と同じデザインで5厘青銅貨も発行されました。なお余談ですが、この桐1銭青銅貨は10円青銅貨と材質、量目、大きさが非常によく似ており、ここにある桐1銭青銅貨は祖父が10円のお釣りとして小売店から受け取ってきたものになります。祖父は悔しがっていましたが、私にとっては9円99銭損しているとはいえ、思いがけない収穫でした。

基本データ

(稲1銭青銅貨)
発行
1898/--/--〜1915/--/--
大きさ
27.87 mm
刻み
なし
重さ
4.66g
素材
銅 95%、錫 4%、アルミニウム 1%
発行有無
発行終了
有無効
無効
表図柄
「一銭」、稲穂
裏図柄
旭日
おもて


うら


基本データ

(桐1銭青銅貨)
発行
1916/--/--〜1938/--/--
大きさ
23.03 mm
刻み
なし
重さ
3.75g
素材
銅 95%、錫 4%、アルミニウム 1%
発行有無
発行終了
有無効
無効
表図柄
「一銭」、唐草
裏図柄
おもて


うら



© 2001-2018 Wada Akina. All rights reserved.