文鉄・お札とコインの資料館

本文へジャンプします

100円銀貨


当時流通量がきわめて多かった100円紙幣の置き換えとして昭和13年発行終了の50銭銀貨以来となる当時貨幣最高額面の銀貨として発行されました。50銭銀貨と似ている鳳凰柄発行から2年後に稲穂柄に変更されましたが、銀の不足および銀価格の変化により現在発行されている100円白銅貨へ切り替えられる事となり、これによって日本での通常貨幣としての銀貨は、それ以来発行されていません。もちろんこの貨幣は今現在も100円として有効です。

基本データ

(前期、鳳凰柄 )
発行
1957/12/11〜1958/--/--
大きさ
22.6 mm
刻み
あり
重さ
4.8g
素材
銀 60%、銅 30%、亜鉛 10%
発行有無
発行終了
有無効
有効
表図柄
鳳凰
裏図柄
八稜形内旭日
おもて


うら


基本データ

(後期、稲穂柄)
発行
1959/--/--〜1966/--/--
大きさ
22.6 mm
刻み
あり
重さ
4.8g
素材
銀 60%、銅 30%、亜鉛 10%
発行有無
発行終了
有無効
有効
表図柄
稲穂
裏図柄
「100」
おもて


うら



© 2001-2018 Wada Akina. All rights reserved.