文鉄・お札とコインの資料館

本文へジャンプします

1円黄銅貨


黄銅は戦争中日本陸軍が軍用機に使用した材質で、戦争が終わり大量に黄銅が余ったため、戦争終了後まもなくの貨幣に黄銅が多いのはこの名残といえます。しかし、物価の高騰により額面価格が材料価格を下回ってしまい、潰される可能性が出たため、昭和28年12月31日に銭と厘の単位の通貨が通用禁止になると同時に、通用禁止になりました。戦後発行された円単位の貨幣で現在無効なのはこの1円黄銅貨のみです。1円アルミニウム貨が昭和30年(1955年)に発行されるまでしばらくの間は日本銀行A1円券が担っていました。

基本データ

発行
1948/--/--〜1950/--/--
大きさ
20 mm
刻み
あり
重さ
3.2g
素材
銅 60~70%、亜鉛 40~30%
発行有無
発行終了
有無効
無効
表図柄
裏図柄
「1」
おもて


うら



© 2001-2018 Wada Akina. All rights reserved.