文鉄・お札とコインの資料館

本文へジャンプします
本日は「天皇誕生日」

お金はその時代背景を反映する鏡です。


われわれの生活に欠かすことができないもの。とくに必要なのが「お金」ではないでしょうか。食料品や日用品を購入や貯蓄はもちろん、冠婚葬祭などでの贈与もお金で行う方が多いと思います。

紙幣や貨幣は、国や地域そして発行された時代が違っていても、その時代背景や文化とともに生きてきた人々を映しています。文鉄・お札とコインの資料館は、これからも「ふしぎ、だいすき。」をキャッチコピーにお金にまつわる好奇心を育む場所、1枚の紙幣や貨幣に込められた"思いを伝える資料館"として、ただ調べ物をするだけの場所ではなく、貨幣学への入り口としてあり続けたいと考えています。

それでは、みなさまをお金の世界へご案内します。さあ、お金の世界を旅してみましょう。


このたびの令和6年能登半島地震、および関連する災害につき、被害にあわれたみなさまに謹んでお見舞い申しあげます。
被災地の一日も早い復旧・復興を、心からお祈り申しあげます。

わたしたちは一人ではありません。明日へ向かって。



予告 企画展 「円」その歴史と日本社会のあゆみ








© 2001-2024 Wada Akina. All rights reserved.