文鉄・お札とコインの資料館

中華民国臨時政府(北京)国旗

在外通貨


支那事変時、中華民国(現在は中華人民共和国の領土下)の実効地域内各地で名目上は中華民国から独立していますが、あたかも操り人形のように、大日本帝国がその地域を支配できる政権・国家を作りました。その地域でも独自の銀行を設立し、紙幣や貨幣を発行していましたが、裏付けがないものであり、戦局悪化により通貨発行量が増大したためインフレーションが発生し、印刷や貨幣の質が徐々に悪化していきました。1945年の大日本帝国敗戦によりこれら傀儡政権は消滅しました。なお、満州国通貨海外通貨でご紹介しています。

    ●蒙疆銀行


    蒙古地区の自治政府の発券銀行として1937年に内蒙古で設立されました。


    ●中国聯合準備銀行


    中華民国臨時政府の発券銀行として1938年に北京で設立されました。聯合と名前が付いていますが、設立に協力した銀行は親日派銀行のみで、従来より中華民国にあった華系銀行は一つも参加しませんでした。また、この銀行券は強制的に流通され、従来の華系銀行券を使うものに罰則をあたえたり、生活必需品はこの聯銀券でのみしか買えないようにするなどの政策を行いました。日本軍もこの聯銀券を軍票として使用していましたが、戦費を賄うため裏付けがないままほぼ無制限に通貨を乱発し、戦局が悪化していくにつれインフレーションが加速していきました。


    ●中央儲備銀行


    1940年に中華民国の汪兆銘政権の中央銀行として設立されました。日本の傀儡政権で、日本の戦果が紙幣の信用となっていたため、日本の敗戦が色濃くなるにつれ激しいインフレーションが発生しました。




© 2001-2017 Wada Akina. All rights reserved.