文鉄・お札とコインの資料館

資料の寄贈と運営支援金の募集と受付について


文鉄・お札とコインの資料館は、資料の寄贈及び運営支援金(ウェブサイトへの寄付)の受付を行っています。

個人が運営している当資料館のコンテンツは原則すべて無料ですが、貨幣というテーマ上、リファレンスの作成及び運営には多くの資金が必要となるのも事実です。そこで、このウェブサイトをご覧いただき、お気に召していただけましたら、運営を支援していただけると幸いです。

●資料の受け入れについて


文鉄・お札とコインの資料館では常時古銭および現行貨幣・紙幣、関連資料の受け入れを行っております。まずはこちらのフォームよりご連絡ください。受け入れ可否及び条件などについてご連絡いたします。なお、寄贈は無償となることがあります。こちらの謝辞にて、寄贈をいただいた方々をご紹介しておりますが、ご紹介の際に無償か有償での寄贈に関しては公平を記すために明記いたしませんのでご了承ください。

●運営支援金の受け入れについて


インターネットECサイトのAmazonのギフト券を用いています。このギフト券は、Amazonサイト上で販売されている本や食料品、家電製品などの購入の時に利用できるギフト券です。

こちらよりEメールタイプのAmazonギフト券を購入していただき、 contact@buntetsu.net (@を半角に変換ください。)までギフト券のコードをお送りいただく方法です。

また、コンビニなどで販売されているプラスチックのギフトカードタイプのコードをお持ちの方はそのままコードのみをお送りいただけます。また、コードをお持ちの場合は からも送信いただけます。

●資料の寄贈及び運営支援金についての考え方


  • 運営支援金は多くの博物館や資料館などにある「入館料」のようなものとしてお考えいただければと思います。
  • 運営支援金は金額の下限や上限も設定しておりませんので、お気持ちをいただければと思います。
  • 運営支援金はリファレンスの拡充及び資料館運営に必要なハードウェアやソフトウェアに割りあてたいと考えております。ただし使途を限定するものではありません。また、「寄付を行ったので◯◯という貨幣や紙幣を追加してほしい」というリクエストには必ずしもお答えできるとは限りません。
  • 寄贈いただいた資料はいかなる場合でもご返却いたしません。ただし、あらかじめ貸与としての条件を結んでいたものを除きます。運営支援金ははいかなる場合でも払い戻しはいたしません。
  • この資料館への寄贈はいわゆる寄付金控除には該当しません
  • 当資料館及び製作者が資料の寄贈及び運営支援金はの寄付を強制しているものではありません
  • この資料館の運営は予告なしに終了することがあります。




© 2001-2017 Wada Akina. All rights reserved.