文鉄・お札とコインの資料館

お金はその時代背景を反映する鏡です。

奉祝 紀元節

われわれの生活に欠かすことができないもの。とくに必要なのが「お金」ではないでしょうか。食料品や日用品を購入する際にもお金を使っていて、貯蓄や支払いはもちろん、冠婚葬祭などの贈り物もお金で行う方が多いと思います。

普段何気なく使っているお金。でも、そのお金にもたくさんの種類があって、いろいろな小細工がされていることをご存知ですか?当資料館では、紙幣や貨幣の小細工やその図柄が使われるようになった背景などについて解説しています。

文鉄・お札とコインの資料館はインターネット上に個人で開設しているお金の資料館です。2015年に開設10周年を迎え、国内外の紙幣や貨幣の展示数は600点を超えました。それでは、みなさまをお金の世界へご案内します。さあ、お金の世界を旅してみましょう。


© 2001-2016 Wada Akina. All rights reserved.